資産等報告書についての審査意見書要旨

資産等報告書についての審査意見書要旨

市長等および議員の平成29年資産等報告書の審査を八女市政治倫理審査会に依頼していましたが、1月22日付けで審査結果を取りまとめた審査意見書が同審査会から提出されましたので、次のとおりその要旨を掲載いたします。
なお、この審査意見書は、総務課または議会事務局に申請していただければ、ご覧になることができます。

八女市政治倫理審査会

会長  小原 清信
副会長  伊藤 修一
委員  塩塚 修
委員  野間口幸江
委員  樋口 好枝
委員  松崎 美登里
委員  内藤 啓光

八女市政治倫理審査会では、八女市長から審査を求められた市長等および議員の「平成29年資産等報告書」について審査を行い、審査の経過および結果を審査意見書として取りまとめました。

資産等報告書の審査

当審査会は、八女市政治倫理条例第1条に掲げられた目的の趣旨にのっとり、条例第9条第3項の規定に基づき、市長等4件、市議会議員26件、計30件の資産等報告書について審査を行いました。
審査に際しては、提出された資産等報告書と証明書類とを照合するとともに、疑問点については過去の報告内容と比較する方法により行いました。
 

審査の経過

第1回審査会では、市長等および議員の平成29年1月1日現在の資産等報告書について審査を行いました。報告書の記載事項はおおむね記載され、条例第5条第4項により提出を義務づけられている証明書類は、おおむね添付されていましたが、依頼、照会をしなければならないような記載漏れや証明書類の不備も散見されました。
第2回審査会では、第1回審査会で照会をお願いした指摘事項への回答について審査しました。
第3回審査会では、審査の結果をもとに、意見書の内容について議論しました。

依頼・照会事項及び回答状況

審査の過程において、資産等報告書に記載された内容の正確性を期するため、条例第8条第2項の規定に基づき、該当者に対し照会し、文書による回答と証明書類の提出を求めました。
提出依頼または照会した提出義務者は、指定期日までに提出又は回答され、提出された証明書類及び回答内容については、当審査会として承認できるものでした。
 

審査結果

資産等報告書を審査した結果は、次のとおりです。
(1) 提出義務者から提出された資産等報告書は、おおむね正確に記載され、また条例で義務付けられている証明書類も添付されていました。
(2) 今年提出された資産等報告書の内容に加え、疑問点については過去の報告内容と比較検討しながら審査しました。この中で、一部の記載誤り(記入漏れ含む。)及び証明書添付不備について照会し、この照会に対する訂正・是正及び疑問内容に関する回答を受けました。

審査意見

以上の審査の結果、市長等および議員の資産等報告書の記載内容を正確に点検することができました。そして、点検の結果、当審査会としては、市長等及び議員について、なんら問題とすべき不正等はないものと判断いたしました。このような意見を出すことができたのは、提出義務者である市長等および議員各位の政治倫理性の高さと自らすすんで高潔性を明らかにしようとする態度の表れだと言え、当審査会は、市長等および議員各位に敬意を表します。

要望事項

資産等報告書の添付書類として、報告者の収入や所得等の状況を確認するために、確定申告をされている方については、確定申告書の写しの提出をお願いしています。八女市政治倫理条例第6条、八女市政治倫理条例施行規則第6条等によれば、報告義務者は、収入及び所得を報告すればよいことになっていることから、確定申告書の第1表の写しのみを提出されている方が多数見受けられました。このため、報告義務者の収入や所得等の状況をより正確に確認するため、審査会としては、来年度以降の確定申告書の写しについては、第1表だけではなく、第2表及び第3表(申告された方のみ)も提出していただくよう、各報告事務者に働きかけることを事務局に要望いたしました。また、その写しについて、税務署の受付印や税理士等の署名・押印のないものがあり、来年度以降は、税務署に提出した申告書の写しであることを確認する方法について事務局に検討するよう要望いたしました。

 

八女市政治倫理条例

八女市政治倫理条例施行規則

八女市の政治倫理条例の評価

お問い合わせ先
総務課 総務法制係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1111
ファックス:0943-22-2186

お問い合わせはこちら