「避難準備・高齢者等避難開始」ってなぁ~に?!

災害が発生し、又は発生するおそれがある場合において、避難に関する情報として市から発令されるのが、「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」です。これらが発令された場合は、避難行動を取る必要がありますが、それぞれの言葉の意味を理解していないと正しい行動をとれない可能性があります。いつ起こるかわからない自然災害から命を守るために、避難に関する言葉の意味を理解しておくことが大事です。

また、指定避難所を開設した際は防災ラジオ等を通してお知らせします。以下のことに注意し聴ける状態なっているかご確認をお願いいたします。

1、防災ラジオのACアダプターをコンセントに入れておく。

2、電池の残量を確認する。

3、予備の電池を用意しておく(単三電池 3本)

 

 

 

避難勧告等により立退き避難が必要な居住者等に求める行動

 発令区分

発令時の状況

立退き避難が必要な居住者等に

求める行動

避難準備・

高齢者等避難開始

要配慮者(高齢者、障がい者、妊婦・乳幼児など、避難に時間がかかる方)が避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する可能性が高まった状況 ・要配慮者(高齢者、障がい者、妊婦・乳幼児など、避難に時間がかかる方)とその支援者は立退き避難する。
・その他の人は立退き避難の準備を整えるとともに、以後の防災気象情報、水位情報等に注意を払い、自発的に避難を開始することが望ましい。
・特に、突発性が高く予測が困難な土砂災害の危険性がある区域や急激な水位上昇のおそれがある河川沿いでは、避難準備が整い次第、当該災害に対応した指定避難所(指定緊急避難場所)へ立退き避難することが強く望まれる。
避難勧告 通常の避難行動ができる者が、避難行動を開始しなければならない段階であり、人的被害の発生する可能性が明らかに高まった状況

・予想される災害に対応した指定避難所(指定緊急避難場所)へ速やかに立退き避難する。
・指定避難所(指定緊急避難場所)への立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、「近隣の安全な場所」(※1)への避難や、少しでも命が助かる可能性の高い避難行動として、「屋内安全確保」(※2)を行う。

避難指示(緊急) 人的被害の発生する危険性が非常に高いと判断された状況又は人的被害の発生した状況

・既に災害が発生していてもおかしくない極めて危険な状況となっており、未だ避難していない人は、予想される災害に対応した指定避難所(指定緊急避難場所)へ緊急に避難する。
・指定避難所(指定緊急避難場所)への立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、「近隣の安全な場所」(※1)への避難や、少しでも命が助かる可能性の高い避難行動として、「屋内安全確保」(※2)を行う。

※1 近隣の安全な場所:指定避難所(指定緊急避難場所)ではないが、近隣のより安全な場所・建物・自主避難所・その他の避難所等
※2 屋内安全確保:その時点に居る建物内において、より安全な部屋等への移動(土砂災害が懸念される場合は山から離れた部屋、浸水が想定される場合は2階への垂直避難など)

注)突発的な災害の場合、市町村長からの避難勧告等の発令が間に合わないこともあるため、身の危険を感じたら躊躇なく自発的に避難する。特に、津波については強い揺れ又は長時間ゆっくりとした揺れを感じた場合、気象庁の津波警報等の発表や市町村長からの避難指示(緊急)の発令を待たずに、居住者等が自発的かつ速やかに立退き避難をすることが必要である。

防災・災害情報等は下記リンクからご覧ください。

 

防災・災害情報

災害によって避難(ひなん)する所が違います。

避難所情報

防災ラジオについて

お問い合わせ先
防災安全課 消防防災係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1731
ファックス:0943-23-2583

お問い合わせはこちら