造血細胞移植後の任意予防接種費用助成のご案内

造血細胞移植(骨髄移植、抹消血幹細胞移植又は臍帯血移植)により、移植前の予防接種の効果が期待できないと医師に判断された方に対して、任意で医師が必要と認めた定期予防接種ワクチンの接種を行うものに対して再接種費用を助成します。

 

 

【対象者】      

1. 造血細胞移植により、移植前に接種した定期の予防接種ワクチンの免疫が低下又は消失したため、任意の予防接種が必要と医師が認める方
2. 任意予防接種を受ける日において20歳未満の方

 

【補助対象となる予防接種】

1. 医師が再度予防接種を受ける必要があると認めるものであること  2. 使用するワクチンの種類、接種量、接種方法等は省令の規定に適合するものであること 3. 予防接種実施規則に規定する回数の範囲

 

【補助方法】

償還払い(医療機関に一旦お支払いいただいた後、市より償還します) ※ただし、助成の金額は、任意の予防接種に要した額と任意で予防接種を受けた年度における八女市と一般社団法人八女筑後医師会との間で締結した予防接種単価のうち、いずれか少ない額となります。