田代の風流【令和3年度開催中止】

令和3年度については新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止いたします。

江戸時代、柳河藩第7代藩主立花鑑通公は、田代地区に八龍神社の再建を命じました。その際、自ら大名行列を仕立て、風流を奉納しました。安永2年(1773年)のことです。その後、氏子たちが藩公に代わって風流を奉納するようになり、これが風流と大名行列の起源となりました。

現在では、八龍神社の例祭日の12月8日に毎年奉納されています。

主宅から神社まで御輿のお供をしながら、ユーモアたっぷりに練り歩く大名行列が始まります。神社に到着すると、御輿を祭壇に納め風流を奉納し、終わりを告げます。 

大名行列で江戸時代の町娘と商人の格好をした二人が犬を捕まえている写真
顔を白塗し、眉や髭、口紅をつけ、鉢巻きに法被姿の人たちが毛槍を持って練り歩く大名行列の写真

令和元年度風流奉納日程

日時

令和元年12月8日(日曜日)

〈太鼓打ち始め〉13時30分から

〈大名行列〉 14時頃から

場所

八女市黒木町田代・中田代茶業共同組合~(太鼓打ち)

中田代~八龍神社(大名行列)

観覧料

無料

行程

八女インターチェンジから車で約50分

臨時駐車場 田代小学校跡地・田代運動公園

この記事に関するお問い合わせ先

文化振興課 文化振興係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1982
ファックス:0943-24-4331

お問い合わせはこちら