下水道使用料について

下水道使用料とは

公共下水道を使用される皆さまには、各家庭から排出した汚水の量に応じて、基本的には2か月分をまとめて「下水道使用料」として納めていただきます。これらのお金は、終末処理場や下水道管の維持管理また清掃や修理の費用などにあてられます。

下水道使用料の算定

下水道使用料

・基本使用料(1か月につき):汚水量7立方メートルまで 1,334円(消費税別)

・超過料金:汚水量1立方メートルにつき 172円(消費税別)

下水道使用料は、2か月ごとに排出される汚水量をもとに基本使用料(2か月分)と超過料金の合計額に消費税相当額を加算して計算します。(10円未満切り捨て)
お支払いは2か月に一度、偶数月に納めていただきます。

(例)4月・5月使用分は6月お支払い

(計算例) 2か月の汚水量が40立方メートルの場合

  • 基本使用料(7立方メートル×2か月=14立方メートル) 1,334円×2か月=2,668円
  • 超過料金(40立方メートル−14立方メートル=26立方メートル) 172円×26立方メートル=4,472円
  • 2,668円 + 4,472円 + 消費税相当額(8%) = 7,710円 (10円未満切り捨て)

汚水排出量の算定

上水道のみを使用している場合

上水道使用量を汚水排出量とします。

地下水を家事のみに使用する場合

下記の認定水量をもって汚水排出量とします。

  • 世帯人員:1人の場合
    1か月当たりの認定汚水量:7立方メートル
  • 世帯人員:2人の場合
    1か月当たりの認定汚水量:14立方メートル
  • 世帯人員:3人の場合
    1か月当たりの認定汚水量:20立方メートル
  • 世帯人員:4人の場合
    1か月当たりの認定汚水量:24立方メートル
  • 5人以上の場合は、1人増すごとに3立方メートルを加算する

注意:世帯人員に変更があった場合は、上下水道局に届出が必要です。

上水道と地下水を家事のみに併用する場合

上水道使用量と認定水量のどちらか多い方を汚水排出量とします。

注意:世帯人員に変更があった場合は、上下水道局に届出が必要です。

地下水を営業用に使用する場合

人員その他の態様を勘案して定めます。

遠方の学生や入院等により、実際の世帯人員が異なる場合は届出が必要です。

「地下水を家事のみに使用する場合」又は「上水道と地下水を家事のみに併用する場合」に、一人暮らしの学生や入院等のご事情により、実際の下水道の利用人員と住民基本台帳の世帯人員が異なる場合は「世帯人員変更届出書」の提出が必要です。

詳しくは、記入例をご確認いただくか上下水道局までお問い合わせください。

注意:上水道のみをご使用されている場合は、世帯人員は関係ありません。

世帯人員変更届出書(様式)(PDF:70.4KB)

世帯人員変更届出書の記入例(地下水のみ)(PDF:380.2KB)

世帯人員変更届出書の記入例(上水道と地下水を併用)(PDF:383.6KB)

下水道使用料早見表(2か月分:消費税8%込み)

 

単位:汚水量(立方メートル)・使用料(円)
汚水量 使用料 汚水量 使用料 汚水量 使用料 汚水量 使用料
14 2,880 29 5,660 44 8,450 59 11,240
15 3,060 30 5,850 45 8,640 60 11,420
16 3,250 31 6,030 46 8,820 61 11,610
17 3,430 32 6,220 47 9,010 62 11,790
18 3,620 33 6,410 48 9,190 63 11,980
19 3,810 34 6,590 49 9,380 64 12,160
20 3,990 35 6,780 50 9,560 65 12,350
21 4,180 36 6,960 51 9,750 66 12,540
22 4,360 37 7,150 52 9,940
23 4,550 38 7,330 53 10,120 100 18,850
24 4,730 39 7,520 54 10,310 200 37,430
25 4,920 40 7,710 55 10,490 300 56,000
26 5,110 41 7,890 56 10,680
27 5,290 42 8,080 57 10,860 1,000 186,040
28 5,480 43 8,260 58 11,050

 

お問い合わせ先
上下水道局 下水道総務係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1148
ファックス:0943-23-7031

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。