障害者差別解消法が施行されます

4月から「障害者差別解消法」が施行されます。

この法律は、しょうがいのある人への差別をなくすことで、しょうがいのある人もない人も共に生きる社会をつくることを目指しています。

◆主な内容
1.役所や会社・事業所等は、しょうがいのある人に対し、正当な理由もなく「差別的な取扱い」をしてはいけません。
例えば、「しょうがいがある」という理由だけでアパートを貸してもらえないこと、車いすだからといってお店に入れないことなどは、しょうがいのない人と違う扱いを受けているので「差別的な取扱い」であると考えられます。

2.しょうがいのある人が困っている時に、その人のしょうがいに合った支援の方法を相手に伝えて、応援することなどを「合理的配慮」といいます。
例えば、聴覚しょうがいのある人に声だけで話す、視覚しょうがいのある人に書類を渡すだけで読み上げないことは、しょうがいのある人には情報を伝えないことになります。よって筆談や手話、書類を読み上げるなどその人のしょうがいに合った工夫ややり方を考える必要があります。

市では、すべての市民が、お互いに人格と個性を尊重しあいながら共に生きることができる地域社会の実現を目指すため、相談事業の充実、イベントなどの啓発事業に取り組みます。
 

お問い合わせ先
福祉課 しょうがい者福祉係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1335
ファックス:0943-22-7099

お問い合わせはこちら