65歳以上の皆さんの介護保険料をお知らせします

平成29年度の納入通知書は7月中に送付します

介護保険制度は、施行から17年が経過し、介護サービス利用者や介護給付費が年々増加するなど、社会保障制度として定着してきました。その反面、介護給付費の伸びが全国的な問題となっています。そして、今後もさらに高齢化の進展が見込まれます。介護保険は、介護を社会全体で支える制度として、40歳以上のすべての人が加入しています。

市の介護保険制度を維持していくために必要な保険料です。保険料納付へ皆さんのご理解とご協力をお願いします。

保険料は11段階、基準額は5200円(月額)

介護保険料段階表

介護保険料は、介護サービスにかかる費用などから算出された「基準額」をもとに、前年の本人の所得や世帯の課税状況等によって、11段階に分かれています。平成27~29年度の八女市の基準額は5200円(月額)になります。あなたがどの段階になるかは、上の図をご覧ください。

平成27年度介護保険制度の改正により、公費を投入して低所得者の保険料軽減を行う仕組みが設けられることとなりました。この改正に伴い、第1段階の人の介護保険料については、負担を軽減しました。

29介護保険料11段階(PDF:120.6KB)

保険料の納付方法は

年金から天引き(特別徴収)

介護保険料を年金から天引きすることを「特別徴収」といいます。年金が年額18万円以上支払われている人は、あらかじめ年金から天引きされます。

納付書や口座振替での納付(普通徴収)

年金が年額18万円未満の人や年度途中で65歳になられた人、他の市町村から転入されてきた人などは、市から納付される納付書で納めてください

口座振替が便利です!

市が指定する金融機関で口座振替の手続きをすると、翌月分以降は口座から振替ができて便利で安心です。

ゆうちょ銀行については、毎月10日までのお申し込み分は翌月から振替開始となり、11日以降のお申し込み分は翌々月から振替開始となります。

  • 保険料の納付書
  • 預金通帳
  • 印鑑(通帳の届出印)

以上の3つを持って、金融機関で手続きをしてください。

保険料を納めるのが困難な場合は

生活が著しく困難で、資産などを活用しても保険料を納付できない人は、納期までに介護長寿課に相談してください。次のいずれかに該当する場合、減額されることがあります。

  1. 災害で著しい損害を受けた。
  2. 主たる生計者の所得が激減した。
  3. 生活保護法で定める基準以下の収入で、現に生活保護を受けていない。

介護サービスを利用するには

介護サービスを利用するには、要介護認定の申請をして「介護や支援が必要な状態である」と認定される必要があります。介護保険被保険者証(黄色)を窓口までご持参ください。申請受付は、介護長寿課および各支所の介護保険担当課で行っています。

保険料を納めないでいると

保険料を納めないでいると、滞納期間に応じて次のような給付制限が適用されることがあります。

  • 1年以上
    介護サービスにかかった費用の全額をいったん利用者が負担し、申請により後で保険給付分(8割または9割)が支払われます。
  • 1年6か月以上
    保険給付の一部または全部が一時的に差し止めになります。
  • 2年以上
    介護サービスの自己負担分が通常の1割または2割から3割に引き上げられます。未納期間が長いほど、この期間も長くなります。

滞納額が大きくなると、まとめて納めるときの負担感も大きくなります。できるだけ早めに納めましょう。

介護保険料特別徴収を平準化します

介護保険料の特別徴収は仮徴収と本徴収に分かれており、通常下記のように納めていただきます。

  • 仮徴収
    前年の所得が確定していないため、確定するまでの間、前年度の2月と同じ額を仮に納めていただきます。
  • 本徴収
    確定した年間保険料額から、仮徴収で納めた額を差し引き、残った額を4回に分けて納めていただきます。

なるべく急激な上昇をさけるよう8月以降の4回で徴収額を調整しています。
下記のグラフは前年度2段階、本年度第5段階の人をモデルにしています。

平準化について

利用者負担が高額になったときは

1か月に支払った自己負担額が一定の上限額を超えた場合は、超えた分が払い戻されます。ただし、払い戻しができるのは申請月からさかのぼって2年以内となります。

平成27年8月から高額介護サービス費の一部負担上限額が変わります

ただし、同一世帯内に65歳以上の人が1人の場合はその人の収入が383万円、2人以上いる場合は収入合計額が520万円に達しない場合には、申請することで上限額が37,200円になります。

  • 上限額の段階区分は、それぞれの月の初日に利用者の属する世帯主および世帯員の課税状況などにより判断します。
  • 同一世帯の中に介護保険サービスを受けている人が複数の場合は、世帯合算ができます。
    (例)夫は介護保険施設に入所し、妻はデイケアを利用中など
  • 該当すると思われる人に対してのみ、市から高額介護サービス費支給申請書を送付します。なお、一度申請していただくと、それ以降は毎月申請する必要はなくなり、高額介護サービス費の支給が発生した場合には、指定口座へ自動的に振り込みをします。その際に、支給対象者には振り込み前に決定通知書を交付します。

手続きに必要なもの

  1. 介護保険証(写し可)
  2. 印鑑
  3. 通帳

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

介護長寿課介護サービス係
(電話番号:0943-23-2545)

お問い合わせ先
介護長寿課 介護認定係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1353
ファックス:0943-30-1505

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。