八女市教育の日

「八女市教育の日」について

 八女市では市制50周年を機として、平成16年に「八女市教育の日」を条例で定めています。これは、八女市民の教育に対する関心と理解を深め、本市教育の充実と発展を図るとともに、ふるさとに誇りを持つ子どもたちをはぐくむことを目的としたものです。

八女市教育の日を定める条例

平成29年度事業

平成29年11月5日(日曜日)に事業開催

今年度は、次の事業案内のとおり11月5日(日曜日)の午後1時から開催します。

市立学校児童生徒の発表を計画していますが、特に「八女市教育の日条例」の趣旨にある「ふる里にほこりを持つ子どもたちを育む」ことを目的に採用した副読本「八女ふる里学」の内容から、小学生が自分の住む地域の事について学んだことを発表します。

今年度は、福島小学校が国の指定重要無形民俗文化財に指定されている燈籠人形について、また矢部小学校が八女市の地名の由来とも考えられる八女津媛伝説について発表します。

事業開催案内(PDF:168.7KB)

平成28年度事業

「八女ふる里学」学習発表(川崎小学校)

「童男山ふすべ」は、以前は地域の子ども達が参加して行っていましたが1959年(昭和34年)から川崎小学校の行事として5・6年生が式典に参加し、6年生が「童男山物語」の紙芝居を行うようになりました。その後、童男山保存会の方々と一緒に行っております。川崎小学校では、この伝承活動を通して、先人の温かい心、さらには豊かな国際感覚に気づき、ふるさとを誇りに思う心を育てていくことを大切にしています。

八女ふる里学学習発表

中学生平和学習事業

中学生平和学習事業(広島市訪問)

八女市中学生平和学習事業は、八女市の平和事業の一環として、各市立中学校の2年生から1名の生徒代表を被爆地広島へ派遣し、平和記念式典への参加や平和記念資料館等を見学することを通して、戦争の悲惨さや命の尊さを学ばせるために実施されたものです。

2日間にわたった学習の様子をスライドで紹介し、広島で感じたことや考えさせられたことを2名の生徒が発表しました。

 

日韓青少年文化交流事業

日韓青少年文化交流事業(韓国巨済市訪問)

この事業は、平成24年5月3日に締結された八女市と巨済(コジェ)市との姉妹都市協定に基づき両市の交流事業の一環として実施しているもので、次世代を担う子供たちの国際感覚を養い、健やかな成長に寄与して両市の友好関係を促進することを目的としています。青少年の交流は5回目となりますが、今回初めて文化交流を行いました。

市内の中学生代表15名が、巨済市との交流の様子を発表しました。

八女ふる里学発表

「八女ふる里学」学習発表(上妻小学校)

 上妻小学校では、4年生と5年生の総合的な学習の時間「けいしタイム」に、八女市の教育の礎を築いた「高山畏斎」先生について学習します。

当日は、6年生が、4年生や5年生の時に学習し,まとめた調査活動の報告と「高山畏斎」先生の劇を行いました。学習を通して感じたふるさと八女市への思いもこめて発表されました。

 

当日のプログラム(WORD:4.7MB)

教育の日チラシ(PDF:995.3KB)

平成26年度事業

八女市携帯・スマホ利用に関する宣言(PDF:127.9KB)

平成26年度チラシ(PDF:307KB)

教育の日1

教育の日2

教育の日3

教育の日4

教育の日5

平成27年度事業

配布チラシ(PDF:348.7KB)

伝統芸能/矢部浮立の披露(矢部小・中学生)

落語家/三遊亭白鳥_師匠

お問い合わせ先
学校教育課 総務係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1954
ファックス:0943-24-4331

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。