風しんの追加的対策

風しん抗体検査・予防接種の実施について

風しん抗体検査及び風しん第5期の予防接種を実施します。

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は風しんの抗体検査、予防接種が無料で受けられます。

風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、これまでに公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体の保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。

そのため、令和4年3月31日までの期間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を定期接種の対象とし、クーポン券をお届けします。

対象の方には、お届けするクーポン券を利用して、まず、抗体検査(採血により行います)を受けていただき、抗体検査の結果、十分な抗体がない方は、定期接種を受けることができます。

・風しんとは、
風しんは、発熱や発しんを主な症状とし、飛沫(唾液のしぶき)などにより他の人にうつる、感染力が強い感染症です。特に、妊娠中の女性が風しんに感染すると、子どもに心臓や、目や耳等の障害を含む先天性風しん症候群(CRS)が生じる可能性があります。大人になって感染すると無症状~軽症のことが多いのですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

対象者

抗体検査時、予防接種時に八女市に住民票があり、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性

自己負担額は抗体検査・予防接種とも無料です。

クーポン券

今年度は、昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性へ、クーポン券を郵送します。クーポン券は、年度末となる令和3年3月31日まで利用できます。

前年度に、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの方へクーポン券を発送させていただいています。まだ、抗体検査、予防接種を受けていない方は、有効期限が令和2年3月31日となっていますが、令和3年3月31日まで使用できます。紛失された方は再発行をいたしますので、健康推進課(電話:0943―23―1201)までお問い合わせください。

注)クーポン券がないと抗体検査や予防接種はできません。
注)クーポン券の有効期限は抗体検査・予防接種ともに令和3年(2021年)3月末です。抗体検査は結果が出るまで1カ月以上かかることがあります。抗体検査をされる際には、クーポン券の有効期限内に予防接種まで終了できるように余裕を持って検査を受けてください。
注)クーポン券が届いた後に転出した方は、転出先の市町村で、クーポン券発行の手続きを行ってください。

抗体検査

(1)健診の機会に抗体検査する場合

  • 市で行う集団健診で特定健診やがん健診を受診する方は、一緒に抗体検査を受けることができます。希望する方は健診の予約の際に一緒に予約してください。
  • 事業所健診の際に抗体検査を希望する方は勤務先や職場に確認してください。
  • 医療機関で行う健診の際に抗体検査を希望する方は、医療機関に申し出てください。

(2)単独で抗体検査する場合

  • 全国の受託医療機関で受けることができます。希望される医療機関に事前にご連絡ください。

予防接種

抗体検査の結果、十分な抗体がない方は、必ず風しん予防接種(MR混合ワクチン)を受けてください。

関連リンク

受託医療機関などは、下記リンクでご確認ください。

 

風しんの追加的対策について(厚生労働省のページへ)

このページに関する
お問い合わせ
健康推進課 保健総務係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1201
ファックス:0943-23-1331

お問い合わせはこちら