猫尾城跡

仁安2年(1167)、黒木大蔵大輔源助能(みなもとのすけよし)が、薩摩の根占(今の鹿児島県)から筑後国黒木に移り、築いた城です。

黒木氏は、南北朝時代に南朝方として活躍しましたが、戦国時代に入ると、筑後で勢力を拡大する大友宗麟率いる大友家の部下に攻め入られ、猫尾城は落城しました。

現在は本丸の石積などが残り、城山公園として整備されています。

県指定史跡

(写真)猫尾城跡

このページに関する
お問い合わせ
文化振興課 文化係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1982
ファックス:0943-24-4331

お問い合わせはこちら