霊巌寺の奇岩

霊巌寺の奇岩(れいがんじのきがん)

応永30年(1423)、栄林周瑞禅師発願による霊巌寺は臨済宗妙心寺派の古刹で、八女茶発祥の地と伝えられています。板状節理をなす斜面上の境内には、座禅岩、女岩、仲人岩、仏法岩、剣岩、犬岩、猫岩がそびえ立ち、なかでも高さ12メートル余の男岩は、日本最大級といわれています。

県指定天然記念物

(写真)霊巌寺の奇岩

このページに関する
お問い合わせ
文化振興課 文化係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1982
ファックス:0943-24-4331

お問い合わせはこちら