マスクの着用について

マスクの着用について

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために「新しい生活様式」として、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いや消毒、3密(密集、密接、密閉)を避けるなどの対策の実践が求められています。

一方でこれから気温や湿度の高い季節を迎える中で、マスク着用による熱中症リスクにも気をつける必要があります。このたび、国においても場面に応じたマスク着用の取扱いについて次のような基準が示されていますので、以下を参考に、市民のみなさまにも引き続き適切な感染対策にご理解ご協力をお願いします。

国が示す身体的距離や会話の有無に応じたマスク着用の考え方

「マスク着用の考え方及び就学前児の取扱いについて」(令和4年5月20日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部・子ども家庭局事務連絡)より(PDFファイル:131.9KB)

マスクを外しても可

【 屋 外 】

・会話がほとんどない場合

・会話があっても人との距離が2m以上(目安)離れている場合

例)散歩やランニングをする場合

例)徒歩や自転車で通勤・通学をする場合

例)鬼ごっこなどの密にならない外遊びをする場合

★高温多湿の環境下ではマスク着用による熱中症リスクが高まるおそれがあるため、「マスクを外しても可」の場面ではマスクを外すことが推奨されています。

【 屋 内 】

・人との距離が2m以上(目安)離れていて会話がほとんどない場合

・会話があっても人との距離が2m以上(目安)離れていて、十分な換気など対策を取っている場合

 

マスクの着用を推奨

・公共交通機関を利用する場合(人との距離が2m未満(目安))

・お年寄りに会う時、病院に行く時など、重症化リスクのある人と接する機会がある場合

・屋外でも近い距離で会話をする場合

 

「未就学児のマスク着用の取扱いについて」

※2歳未満の乳幼児のマスク着用は推奨されていません。

※2歳以上の小学校就学前の子どもについては無理にマスクを着用させる必要はありません。(保育所等では、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めておりません。なお、施設内に感染者が生じている場合等において、施設管理者等の判断により、可能な範囲でマスクの着用を求めることは考えられるとされています。)

<参考資料>

「屋外・屋内でのマスク着用について」

屋外・屋内でのマスク着用について(厚生労働省リーフレット)(PDFファイル:834.8KB)

「子どものマスク着用について」

子どものマスク着用について(厚生労働省リーフレット)(PDFファイル:305KB)

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!(厚生労働省・環境省リーフレット)

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!(厚生労働省・環境省リーフレット)(PDFファイル:897.9KB)

熱中症予防×コロナ感染予防 熱中症を防ぐために屋外ではマスクをはずしましょう(厚生労働省・環境省リーフレット)NEW

熱中症予防×コロナ感染予防 熱中症を防ぐために屋外ではマスクをはずしましょう(厚生労働省・環境省リーフレット)(PDFファイル:560.1KB)

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課 新型コロナウイルス対策係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1201
ファックス:0943-23-1331

お問い合わせはこちら