新型コロナウイルス感染症に対応する八女市医療従事者等の宿泊費用助成について

事業内容

下記対象者の方が新型コロナウイルス感染症(以下「感染症」といいます。)の対応により帰宅できず宿泊施設を利用した場合の負担の軽減を図り、業務に専念いただけるよう宿泊費用の一部を助成します。

対象者

1.医療機関に従事されている方

・ 八女市の医療機関において、感染症患者の治療若しくは感染症の対応を行う医師、看護師、技師その他の職員の方

・ 八女市外の医療機関において、感染症患者の治療若しくは感染症の対応を行う医師、看護師、技師その他の職員であって八女市に住所を有する方

2.高齢者福祉施設に従事されている方

・ 八女市内の高齢者福祉施設において、新型コロナウイルス感染症の対応を行う職員の方

・ 八女市外の高齢者福祉施設において、新型コロナウイルス感染症の対応を行う職員であって、八女市に住所を有する方

高齢者福祉施設の範囲

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、軽費老人ホーム、養護老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、特定施設入居者生活介護、通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、看護小規模多機能型居宅介護及び介護医療院

3.障がい福祉サービス事業所(福岡県の指定を受けている施設に限る)に従事されている方

・ 八女市内の障がい福祉サービス事業所において、新型コロナウイルス感染症の対応を行う職員の方

・ 八女市外の障がい福祉サービス事業所において、新型コロナウイルス感染症の対応を行う職員であって、八女市に住所を有する方

助成要件

新型コロナウイルス感染症への対応をしていることを原因として帰宅することができず宿泊施設を利用した場合を助成の要件とします。ただし、上記理由で宿泊したことを勤務先の医療機関の代表者に証明してもらう必要があります。

助成金の額

対象者1泊当たりの宿泊費用(宿泊料金以外のサービス料金は除きます。)の2分の1(6千円を超える場合は、3千円を限度)相当額に宿泊日数を乗じた額を助成します。

 

【例1】宿泊料金5,000円(税込み)、3泊し、15,000円支払った場合

5,000円×1/2×3泊 = 7,500円(助成金額)

【例2】宿泊料金8,000円(税込み)、5泊し、40,000円支払った場合

8,000円×1/2=4,000円(3,000円が限度額)

3,000円×5泊=15,000円(助成金額)

申請方法

交付申請書(様式第1号)に必要事項を記入し、従事する施設の代表者の証明を得た上で、次の資料を添付し、宿泊した日の属する年度内(3月31日まで(3月31日までに申請ができなかった場合は、4月末日まで)に市役所に申請してください。

なお、交付対象者の宿泊費用を支払った施設の代表者等も申請することができます。

添付資料

・ 交付対象者の勤務先が判別できる身分証明書等の写し

・ 宿泊施設に支払った金額が確認できる領収書等の写し

・ 金融機関への振込先の分かる書類(通帳の写し等) など

助成金の交付時期

申請を受け付けてから概ね1ヵ月以内に指定の口座に振り込みます。

対象期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日までに宿泊した場合を対象とします。

その他

申請及び交付決定後、市長が必要があると認めたときは、その内容について、調査の協力を依頼する場合があります。

問い合わせ先(申請窓口)

1.医療機関に従事されている方

健康推進課 新型コロナウイルス対策係

電話:0943-23-1201

ファックス:0943-23-1331

2.高齢者福祉施設に従事されている方

介護長寿課 指定指導係

電話:0943-23-2545

ファックス:0943-30-1505

3.障がい福祉サービス事業所に従事されている方

福祉課 障がい者福祉係

電話:0943-23-1335

ファックス:0943-22-7099

申請窓口住所

〒834-8585 福岡県八女市本町647番地

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課 新型コロナウイルス対策係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1201
ファックス:0943-23-1331

お問い合わせはこちら