平和の塔

 昭和20年(1945年)広島・長崎の原爆によって亡くなられた方々の冥福を祈り、世界平和への願いを新たにしていくために建てられました。

 塔の中に燃える“平和の火"は、焦土と化した広島から星野村の山本達雄さんが持ち帰り、やがて村が引き継いで、今日まで絶えることなく燃え続けています。

 世界の恒久平和を願う星野村の人々の心のシンボルです。

(写真)平和の塔

この記事に関するお問い合わせ先

星野支所 まちづくり推進係
〒834-0201 福岡県八女市星野村13102番地1
電話番号:0943-52-3112
ファックス:0943-52-3283

お問い合わせはこちら