市民との協働によるまちづくり提案事業

事業の概要

市では、平成17年度から市民との協働をテーマに、市民の自由な発想のもと、地域振興や地域活性化などまちづくりや地域づくりに関する市民提案制度を導入しています。
 市民(団体)から提案された企画内容は、選考会議で審議され、採択団体には50万円を限度として助成金を交付します。
 また、採択団体には、企画書に基づき事業を行い、事業完了後にその実績や成果について市民に発表していただきます。

事業の流れ

  1. (随時)事前相談受付
  2. 企画提案書の提出
  3. 選考会議【書類選考・団体ヒアリング】
  4. 選考結果発表
  5. 補助金交付申請
  6. 補助金交付決定通知
  7. ≪実践活動開始≫
  8. 補助金交付
  9. ≪実践活動終了≫
  10. 実績報告書の提出(事業完了日から1カ月以内)
  11. 成果報告会

対象となる市民団体

  1. 八女市の区域内においてまちづくりに関する活動を行っている又は行おうとする5人以上で構成する団体
  2. 大学等の5人以上の研究グループ
  3. 団体の構成員は、八女市民であることを問わない。

助成の対象となる提案事業

  1.  基本テーマ(※)に沿った協働の推進、まちづくり・地域づくり、地域活性化、人材育成に寄与する提案であること。
  2.  企画提案に基づく実践活動又はシンポジウム等は、八女市の区域内において実施するものであること。
  3.  次のものは対象になりません。
    • 政治的活動及び宗教的活動並びに営利を目的とする活動
    • 事業の効果が特定の個人または団体のみに帰属する活動
    • 国県市や財団等の補助金の交付を受けている活動
    • 市の業務や制度を活用すれば対応できる活動
    • 提案内容が、団体の定例的な事業に関連する活動

※「基本テーマ」は、募集の際にお知らせします。

助成の対象となる経費

  1. 消耗品費(用紙代、コピー代、文具費)、書籍代、燃料費、材料代
  2. パンフレットやチラシ・ポスター・成果物の印刷費、写真現像代
  3. 講演会等の講師謝金、研修等の旅費、会場使用料や機材のレンタル料
  4. 切手・ハガキ代、傷害保険料
  5. その他事業の実施において必要と認められるもの。ただし、提案団体の運営費、委託費、工事費、食糧費、備品購入費などは原則として対象になりません。

事業の期間

補助金交付決定の日から年度末(3月31日)までです。

事業の募集

令和3年度事業実施分の募集は終了しました。

採択団体の決定方法

 採択団体は、選考会議(市の職員及び外部有識者からなる)で審査し選考します。その選考基準は、次のとおりです。

決定方法詳細

審査項目

審査における視点

事業の確実性

  • 企画内容の実現性に疑問がない。事業計画に無理がない。
  • 企画内容が法律等で制約を受ける部分はない。また、クリアできる。

事業の公益性

  • 市や地域の現状や課題を理解し、市民福祉や地域振興等に貢献する内容である。
  • 特定の個人、団体及び企業等の利益のみを追求した企画ではない。

事業の創造性

  • 先進的でチャレンジ性・独創性に富んだ企画である。
  • モデル事業として、今後の市民協働の推進の参考となり得る。

事業の発展性

  • 単年度事業で終わらず継続性がある。又は、単年度事業でも効果・影響が将来に及ぶ。
  • 事業内容に対する理解者や協力者の拡大が見込め、活動の発展性がある。又は他の地域、他の団体への波及効果がある。

費用の妥当性

  • 収支予算は、経費が適切に計上されている。
  • コスト意識をもち、小さな予算で大きな効果が見込まれる。

そのほか、この事業の目的に沿った活動が適切にできるか等について、厳正に審査します。

申請書ダウンロード

内示額決定後に提出していただく書類

事業完了後に提出していただく書類

活動報告書

過去の採択団体一覧

過去の成果報告

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課 まちづくり推進係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-24-9452
ファックス:0943-24-8083

お問い合わせはこちら