上陽町で春のまち歩き

4月2日、上陽町北川内で「上陽○(かむつやめ)川辺の道さるこ」と題してまち歩きが行われました。

この事業は上陽地区まちづくり協議会の観光グループが主催で、星野川沿いを観光ガイドと伴に散策しました。

北川内地区には、明治から大正にかけて上流から一連から四連までの石橋が架けられており、北川内公園の600本の満開の桜と好天にも恵まれ、30名の参加者は大満足のまち歩きとなりました。

途中休憩を古民家の旧川口邸でとり、昼食には地元農村婦人グループ手づくりの弁当や猪汁がふるまわれました。

 

(○部分は、くち(口)へんに羊の文字)

上陽○(かむつやめ)川辺の道さるこ

 

星野川沿いを、満開の桜を見ながら散策。

 

石段を渡って、星野川を横断。

 

北川内公園から上陽町の風景を一望。

天候にも恵まれて、絶好の散策日和でした。

 

参加者の多くの方から早くも「次回を楽しみにしています。」と期待する声が上がっていました。