ひとり親家庭等医療制度

ひとり親家庭の父または母及び児童、父母のない児童が病気やケガで医療機関にかかったときの医療費の一部を公費でまかなう制度です。該当者には申請によりひとり親家庭等医療証を交付します。

対象者及び助成の範囲

  • 対象者
    母子家庭の母及び児童
    父子家庭の父及び児童
    父母のない児童
    父または母のどちらかに一定の障害がある家庭

児童は小学校就学後から18歳に達する日以後の年度末まで
小学校就学前の児童は乳幼児医療に該当します

  • 本人負担
    通院 800円/月(上限)
    入院 500円/日(月7日限度)

入通院ともそれぞれ1医療機関ごと
薬局は無料

  • 所得制限
    児童扶養手当準拠

入院時の食事代・居住費等の本人負担及び医療保険の適用を受けない費用については本人負担となります。

助成の方法

福岡県内の病院などで受診されるときは、その窓口で健康保険証と一緒に、ひとり親家庭等医療証を提出されれば、医療費の助成が受けられます。県外の病院などで受診されるときは、ひとり親家庭等医療証を使うことができません。このような場合は、医療機関の窓口で自己負担分を支払い、後日領収書・療養費支給証明書(八女市の国民健康保険及び後期高齢者医療制度以外の健康保険に加入されてある方)・医療証・印かん・振込先口座とともに八女市役所で申請されると、後日払い戻しが受けられます。

交付申請に必要なもの

  • 健康保険証(国民健康保険証・社会保険証など)
  • 印かん
  • ひとり親家庭等を証明する書類
  • 市県民税の所得・課税証明書(転入の方のみ)
  • そのほか必要となる書類

助成開始日

受給事由が生じた日が属する月の末日までに申請されると、受給事由が生じた日に遡って認定します。翌月以降に申請されると、申請された月の初日からの認定になります。

転入の場合は、転入された月の末日までに申請されると、転入日からの適用になりますが、その翌月以降に申請されると、申請された月の初日からの適用になります。

その他届け出が必要なとき

  • 他の市町村へ転出するとき
  • 加入している健康保険が変わったとき
  • 生活保護(医療扶助)を受けるようになったとき
  • 八女市内で住所が変わったとき
  • 氏名が変わったとき
  • 死亡したとき

申請場所:八女市役所市民課公費医療係または各支所市民生活福祉課

 

お問い合わせ先
市民課 公費医療係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1117
ファックス:0943-23-3737

お問い合わせはこちら