蚊およびマダニから身を守るための情報について

蚊(ヒトスジシマカ)やマダニから身を守るための情報について掲載しています。

蚊(ヒトスジシマカ)はデング熱やジカウイルス感染症を媒介するとされています。

これらの感染症の予防のため、蚊から身を守りましょう。

 

  • 蚊に刺されないようにしましょう。

具体例

屋外での長袖長ズボン等を着用する。

色の薄い衣服を着用する。

虫よけスプレーや蚊取り線香を使用する。

  • 蚊の発生源を減らしましょう.。

小さな水たまりがあると蚊が増えやすいとされています。

住まいの周囲に植木鉢の皿や空き缶、古タイヤ等があれば水がたまらないようにしましょう。

 

マダニは重症熱性血小板減少症候群や日本紅班熱、ライム病などの感染症を媒介するとされています。

これらの感染症の予防のため、マダニから身を守りましょう。

 

  • マダニに咬まれないようにしましょう。

具体例

野外での活動時、腕・足・首まで衣服等で覆う。

野生生物が出没する場所や畑、あぜ道等で活動する際は注意する。

野外での活動後着用していた上着等を家の中に持ち込まないようにする。

野外での活動後マダニがついたままになっていないか確認する。

ツツガムシ用の忌避剤を使用する。

マダニ及び蚊媒介感染症の注意喚起に関するリーフレット:福岡県作成(PDF:1.1MB)

お問い合わせ先
健康推進課 保健総務係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1201
ファックス:0943-23-1331

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。