人権セミナーやめ2017が開催されました

第5回学習会が開催されました

8月1日(火曜日)、八女市社会福祉会館にて、NPO法人よかよかネットワーク 古庄和秀(ふるしょうかずひで)さんによる講演「ともに生きる社会づくり 障がいがある人とない人とが平等な社会づくりに向けて」が開催され、42名が来場しました。
平成28年4月に施行された「障害者差別解消法」の内容や目指す社会のあり方について、わかりやすく伝えていただきました。社会を一瞬にして変えることは難しいので、私たちみんなで、少しずつ意識を変えて、少しずつ暮らしやすい社会に変えていきましょうと話されました。

参加者から寄せられた感想の一部を紹介します。
・障がいのある者とない者との、平等に対する考え方が法律で整理されている状況があり、これまで一般的とされていた行為でも、配慮が不足することになることが良く理解できた。

・障害者差別解消法について知ることから始めなければと思った。また、差別事象に対しては、声をあげていくことが社会を変えていくことにつながると改めて思った。

人権セミナーやめ2017第5回学習会写真です

第4回学習会が開催されました

7月26日(水曜日)、八女市立花市民センターにて、株式会社いけだ社会福祉士事務所 池田将樹(いけだまさき)さんによる講演「しょうがい者の権利擁護 地域で共に暮らしていくために」が開催され、43名が来場しました。
しょうがい者への支援において、私たちはつい「何でもしてあげる」という意識を持ってしまいがちです。そこに当事者の意思を尊重することを忘れないようにしたいですね。

参加者から寄せられた感想の一部を紹介します。
・「障害者虐待防止法」や「障害者差別解消法」ができて、障害のある人にとっては喜ばしいことだと思うが、まわりにいる人間がどれだけ理解し実行していくのかが課題である。法ができただけでは問題の解決は進まない。「部落差別の解消の推進に関する法律」についても同様のことが言えるのではないか。支援する側の人間として、これからも学び続けたい。

人権セミナーやめ2017第4回学習会の画像です

第3回学習会が開催されました

7月15日(土曜日)、八女市立星野中学校にて、福永宅司(ふくながたくじ)さんによる一人芝居「君をいじめから守る」が開催され、生徒、保護者、市内外から139名が来場しました。
いじめ撲滅という難しいテーマにも関わらず、参加者は、実話を元にした迫真の一人芝居に引き込まれていました。助け合い、協力し合えば自分たちの力でいじめを無くせるんだという勇気を与えてくれた学習会でした。

参加者から寄せられた感想の一部を紹介します。
・いじめの問題についてよくわかった。いじめなんてそうそうあるものではないと思っていたが、いじめは身近なものだと思った。芝居では涙がでそうになるところもあって、絶対にいじめはあってはいけないと思った。福永さんの「人を殺すのに、ものはいらない。言葉で人を殺してしまう」という言葉はすごく心にささりました。これからは、いじめをしたり、見て見ぬ振りをしたりはしないようにしたいと思いました。

・全国的にいろんないじめがあることが分かりました。子どもたちは、家庭の事・勉強の事・友達の事いろんな悩みがあるのだなと思いました。大人は、子どもに目配り気配りでいじめがなくなることを願います。
 

人権セミナーやめ2017第3回学習会の画像です

第2回学習会は荒天のため中止しました

第1回学習会が開催されました

6月14日(水曜日)、おりなす八女にて、ワンライフプロジェクトのみなさんによる いのちの朗読会「たったひとつの命だから」が開催され、約150名が来場しました。
全国から寄せられた詩には、一人一人が命と向き合ったまっすぐな気持ちが綴られていました。プロではない、私達と同じ目線の読み手だからこそ伝わる言葉に、会場は感動の空気に包まれました。

参加者から寄せられた感想の一部を紹介します。
・多くの、命の大切さの朗読を聞き、日頃健康で過ごせる事、何気ない毎日がどれだけ重要か改めて考えさせられました。

・心にしみわたるような朗読でした。たったひとつの命だから、日常ではわすれがちなこと、大切な人を大切にしたいです。

朗読会の様子。

約150名の来場者がありました。

関連リンク

人権セミナーやめ2017ご案内

お問い合わせ先
人権・同和教育課 人権・同和教育係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-2074
ファックス:0943-24-4331

お問い合わせはこちら