令和2年7月豪雨八女市被害状況

熊本県・福岡県・大分県を中心に甚大な被害をもたらした令和2年7月豪雨は、八女市にも大きな被害をもたらしました。

7月5日から降り始めた雨は、雷を伴って断続的に降り続き、八女市矢部村(宮の尾)では最大時間雨量82ミリメートル、期間内最大総雨量 1,152ミリメートルを観測(注:1)、矢部川の中川原橋の観測地点では氾濫危険水位を越えるなど、記録的な大雨となりました。今回、矢部村(宮の尾)で降った雨の量は、1年間で降る雨の量の約半分に相当します。

この記録的豪雨により、土砂災害による家屋の全壊をはじめ、床上・床下浸水、各地域で道路の損壊・埋没、河川の護岸崩壊が発生するなど、平成24年九州北部豪雨以来の悲惨な事態となりました。

八女市は、市内全域に避難勧告を発令、指定・臨時避難所46箇所を開設し、防災ラジオやエリアメールで防災情報の伝達、避難を呼びかけ、最大避難者数は476世帯948名(注:2)にのぼりました。

今回の雨でも、「数十年に一度レベルの大雨が予想される場合に発令される」大雨特別警報が発令され、福岡県では4年連続で大雨特別警報が発令されたことになります。毎年、どこがで大規模な災害が発生しており、もはや災害は他人事ではなくなっている状況です。

普段から自分が住んでいる地域の危険箇所、避難所をハザードマップで確認したり、非常持ち出し品を準備しておくなど、大きな災害に備えておきましょう。

(注:1)7月5日(日曜日)23:00~7月12日(日曜日)の雨量
(注:2)7月6日(月曜日) 21:00時点

令和2年7月豪雨による被害状況と災害対応について(PDF:33.6KB)

被害の状況

上陽町久木原

上陽町久木原

 

王子塚・御牧線

王子塚・御牧線

 

矢部村

矢部村自宅

 

田主丸黒木線

田主丸黒木線

 

渡内線

渡内線

このページに関する
お問い合わせ
企画政策課 広報広聴係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1110
ファックス:0943-24-8083

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。