円福寺のビャクシン

(写真)円福寺のビャクシン

上辺春の円福寺境内にあるビャクシン(イブキ科)は、樹高9.05メートル、根本周囲は5.3メートルで、県下では最大級のものです。

大正7年(1918)寺の参道改修工事のとき、およそ4メートルだけ埋められ、地際から二又となり、約30度に傾いています。

樹齢は約千年以上といわれています。

ビャクシンは通称「ビャクダン」といわれ、木目のつまった固い木で、切り口や樹皮を磨くと上品な芳香の香木です。花台や置物台として利用されます。

 

  • 所在地:八女市立花町上辺春7530 円福寺
お問い合わせ先
文化振興課 文化財保護係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1982
ファックス:0943-24-4331

お問い合わせはこちら