次の世代に、明るく恵みの多いふるさとを残していくために(令和2年11月20日更新)


八女市長の三田村です。このたび、第4期目の市政を担わせていただくことになりました。

私が初めて市長に就任したのは1市2町2村合併の1年前で、合併以来、さまざまな課題が山積していました。それぞれの旧市町村では、先人が苦労しながら築き守ってこられた伝統・文化があり、誇りを持っていただいています。そのような中で、いかに八女市を一本化し、将来1市3町2村が一つの目標を持って進んでいくことができるのかが最初の目標でした。

平成24年の豪雨災害も大変でしたが、国や県の支援をいただき、多くの皆さま方からのご協力もあり、復旧・復興することができました。みんなが一致団結して、今日まで大変な努力を積み重ねてきたことにより、次のステップに向かう時期がきたと感じています。

現在、時代の変遷により、多岐多様な問題が発生しています。八女市においても、人口減少、少子高齢化、農業や商工業の振興、新型コロナウイルス感染症の問題など、まだまだ多くの課題が残っています。そのような課題に何とかめどを付けて次の世代に受け渡すことが、私の最後の責任だと感じています。

これからが本当の八女市の基盤作りであり、将来に向けた恵みの多いふるさとを築いていく大事な期間です。それには苦しみや悩みが伴うかもしれませんが、次の世代に明るく恵みの多い、子どもたちが誇りを持って成長していくふるさとづくりに向けて、汗を流して頑張って参ります。今後ともご理解ご協力をよろしくお願いします。

市長初登庁の様子

このページに関する
お問い合わせ
企画政策課 広報広聴係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1110
ファックス:0943-24-8083

お問い合わせはこちら