まちのわだい(第55回献茶祭)

第55回献茶祭

5月2日(水曜日)、「第55回献茶祭」が八女茶発祥の地、八女市黒木町の霊巌寺(れいがんじ)で行われました。

中国から持ち帰ったお茶の栽培と製法を、地元の庄屋に伝えた茶祖「栄林周瑞禅師(えいりんしゅうずいぜんじ)」の遺徳をたたえるもので、毎年八十八夜に開催されています。新茶を淹れ祭壇に献茶し、茶揉み唄として受け継がれている「八女茶山唄」の奉納が行われ、これからの「八女茶」の発展を参加者全員で祈願しました。

厳かな式典が終わると茶席で新茶がふるまわれ、会場はお茶の良い香りに包まれました。いよいよこれから、茶摘みの最盛期に入り、美味しい新茶の季節を迎えます。

栄林周瑞禅師

献茶

お茶

お茶の天ぷら

映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」大分、宮崎他で順次公開

八女市内や筑後地域で撮影が行われた映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」。

久留米での公開は4月20日をもって終了しましたが、明日21日(土曜日)からは大分や宮崎、大阪など4県での公開が新たに始まり、4月28日(土曜日)からは新潟で、5月中旬からは東京と長野での公開が決定しています。また、期日は未定ですが札幌でも公開される予定です。

八女市の魅力がつまったこの映画をより多くの方に観て頂くため、お知り合いの方等いらっしゃいましたら、是非お声掛けください。

撮影風景

映画撮影風景

八女を舞台にした映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』の公開が始まりました

2月24日、八女を舞台にした映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』の公開が始まり、福岡市のユナイテッド・シネマキャナルシティで製作関係者の舞台あいさつがありました。

当日は、中山節夫監督や原作者の竹島由美子さん、渡辺祐太朗さんなど俳優陣の皆さん、主題歌を担当したGood Comingがあいさつ。映画を応援する会の会長である三田村八女市長、同会顧問の小川福岡県知事も参加し、映画の公開を祝いました。

三田村市長は、『八女の宝であるこの映画を全国の皆さんに観ていただき、作品と八女の素晴らしさを感じて欲しい』とあいさつしました。

舞台あいさつは、このほか、東京、小倉、久留米でも開催されました。構想から10年。多くの関係者の熱い思いで完成したこの作品を、たくさんの方々に観ていただけるよう、みんなで応援していきましょう!

舞台あいさつの様子

舞台あいさつの様子

舞台あいさつの様子

お問い合わせ先
企画政策課 秘書広報係(広報担当)
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1110
ファックス:0943-24-8083

お問い合わせはこちら