住民基本台帳ネットワークシステム

住民基本台帳ネットワークシステムは、住民基本台帳のネットワーク化を図り、4情報(氏名・生年月日・性別・住所)と住民票コード等により、全国共通の本人確認を可能とするシステムです。
このシステムを利用することにより、パスポートの申請に必要な住民票の写しや、年金や恩給などの現況届け等が不要になりました。

住民票コード

住民票コードは、住民基本台帳ネットワークシステム上で個人データを選別するために付けられる11桁の番号です。
八女市では平成14年8月に住民票コード通知票を全世帯個人あてに発送いたしました。
住民票コードは全国一斉に無作為に抽出され付番した番号で、住所・氏名等に変更があっても番号は変わりません。
住民票コードを知りたい場合は、窓口に申し出てください。(本人確認のため身分証明書が必要です。)
外国人住民の方についても平成25年7月8日から住民票コードが付番されます。

住民票の写しの広域交付

本人や世帯の住民票の写し(戸籍の表示を省略したもの)の交付が全国どこの市区町村からでも可能になりました。

住民基本台帳カード

住民基本台帳カードは、高度なセキュリティ機能を持ったICカードで、希望者に対し交付します。公的な身分証明書(写真付きのカードの場合に限る。)としての利用や、公的個人認証サービスの電子証明書等の保存用カードとして利用できます。
*有効期限は、発行日から10年間有効です。

公的個人認証サービス

住民基本台帳カード(ICカード)に電子証明書を格納することによって、確定申告書の作成など行政機関がおこなうインターネット上での電子申請を利用できます。電子証明は、住民基本台帳カードの交付の時に申請できます。
*有効期限は、発行日から3年間有効です。

住民基本台帳カードの交付申請の手続きは

申請者

原則として本人申請
15歳未満の未成年や成年被後見人の場合は、法定代理人が申請してください。

申請時間

平日(月曜日~金曜日)までの午前9時から午後4時30分までに申請してください。(休日及び年末年始12月29日から翌年1月3日までを除く。)

必要なもの

(1)本人確認ができる次の証明書を提示してください。
A(運転免許証、パスポート等の官公署が発行した本人写真付きの証明書)
B(健康保険被保険者証、年金手帳(証書)など写真なしの証明書)
*Aから2点またはAから1点とBから1点ずつの計2点を掲示してください。
*本人確認の証明書がない場合は、申請日に交付できませんので、申請後、本人
自宅に確認のために照会書を郵送します。照会書にある回答書に署名、押印して、本人が持参したときに交付します。
(2)印鑑(認印可)
(3)写真付きを希望する場合は、縦45ミリ×横35ミリの顔写真を1枚(6ヶ月以内に撮影した無背景、無帽子、正面向)

ポイント:カードを交付するときに、暗証番号(パスワード)を設定していただきます。

お問い合わせ先
市民課 市民係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1115
ファックス:0943-23-3737

お問い合わせはこちら