平成28年度空き家再生・活用モデル事業採択施設が利用開始!

平成28年度空き家再生・活用モデル事業で採択した、NPO法人八女空き家再生スイッチが取り組む「旧八女郡役所 再生・活用プロジェクト~現在に継承されてきた八女産業の礎を築いた舞台、木造大空間の継承・再生~」の工事が3月末に完了し、29年度から施設運営が始まっています。
このプロジェクトは、歴史的価値の高い旧八女郡役所を修理し、八女への移住者・来訪者の受け皿や玄関口としての役割を持たせるほか、蚤の市やコンサート等のイベント会場として活用し、また、テナント営業等も行い居心地よい空間をつくるというもので、そのための建物(空き家)内部の改修費用を市が補助しました。
改修後、この旧八女郡役所では、酒類や絵本の販売店がテナント営業を始めたほか、地元芸術家による企画展や映画上映会、九州芸文館のアート作品展(サテライト会場)、オランダで開催される「MONO JAPAN」(日本の工芸品等の展示販売会)の福岡会場説明会、出店と太鼓のライブイベント等が開催され、市内外からたくさんの人々が訪れています。
また、地域のまちづくりに取り組む人々の集会所としても活用されており、八女市の賑わい創出の拠点として大きな期待が寄せられています。

NPO法人八女空き家再生スイッチと旧八女郡役所は次のホームページでもご覧ください。

NPO法人八女空き家再生スイッチHP

旧八女郡役所HP

旧八女郡役所内部でのイベントの様子

(旧八女郡役所内部でのイベントの様子)

地図情報