平成28年度空き家再生・活用モデル事業1件を採択しました

市では、平成28年度空き家再生・活用モデル事業で、市民団体から提案された事業1件を採択しました。

このモデル事業は、八女市でも増えつつある空き家を「まちづくりの資源」と捉えて、まちの再生や地域の活性化に役立てることを目的とし、平成27年度から実施しています。

今年度採択したのは、NPO法人八女空き家再生スイッチ(高橋康太郎代表)が取り組む「旧八女郡役所 再生・活用プロジェクト~現在に継承されてきた八女産業の礎を築いた舞台、木造大空間の継承・再生~」です。

提案内容は、歴史的価値の高い旧八女郡役所を修理し、八女への移住者・来訪者の受け皿、玄関口としての役割を持たせるほか、蚤の市やコンサート等のイベント会場として活用し、また、物販店や飲食店のテナント営業等により居心地よい空間をつくるというもので、そのための建物(空き家)の内部の改修費用を市が補助(500万円を予定)します。改修工事は今年度中に終了し、同団体は平成29年4月以降に施設運営を開始する予定です。

郡役所外観

旧八女郡役所【外観】

郡役所内部

旧八女郡役所【内部】

お問い合わせ先
地域振興課 地域づくり推進係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1224
ファックス:0943-22-2186

お問い合わせはこちら