長期優良住宅の認定で固定資産税が減額になります

新築された認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額制度について

長期にわたって良好な状態で使用される構造等を備えた良質な住宅の普及を促進するため、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の規定に基づき認定された住宅を新築した場合、申告に基づき当該家屋の固定資産税が減額されます。

 

減額対象家屋

  1. 平成21年6月4日から平成30年3月31日までの間に長期優良住宅の普及の促進に関する法律に規定する認定長期優良住宅の認定を受けた新築住宅
  2. 居住部分の面積が家屋の床面積の2分の1以上であること。
  3. 住宅の床面積が50平方メートル(一戸建て以外の貸家住宅は40平方メートル)以上280平方メートル以下であること。

 

減額内容・期間及び減額割合

住宅の種類

減額期間

減額割合

一般の認定長期優良住宅(下記以外)

5年間

2分の1

3階建以上の認定中高層耐火長期優良住宅

7年間

2分の1

1戸当り120平方メートルまでを限度として減額割合が適用されます。

認定長期優良住宅に係る減額措置は、現行の新築住宅に係る減額措置に代えて適用されます。

 

手続き・申請等

通常は家屋評価の際に「認定通知書」の写しを添えて申告いただきます。

1)認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額申告書

2)認定長期優良住宅を証する書類〔認定通知書〕の写し

新築された認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額申告書(PDF:71.6KB)

お問い合わせ先
税務課 固定資産税係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1112
ファックス:0943-24-3704

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。