納税通知書の内容に疑問があるときは

再審査の申し出について

固定資産税の納税通知書の内容に疑問があるときは、税務課固定資産税係に問合わせ願います。また、納税通知書の内容について不服があるときは、納税通知書を受け取った日の翌日から起算して3カ月以内に、八女市長に対して書面により「審査請求」をすることができます。なお、縦覧に供した日以後に価格の決定、または、修正があった場合は、その通知を受けた日の翌日から起算して3カ月までの間において審査の申出をすることができます。

固定資産の価格についての異議申立ては、八女市固定資産評価審査委員会に対して審査の申出をすることになります。審査委員会の決定に不服がある場合は、6ヵ月以内に決定の取り消しの訴えを提起することができます。ただし、原則として基準年度以外の年については、地目の変換・家屋の増改築などの事情により評価額が変わった場合や価格の下落修正があった場合等を除き審査の申出をすることができません。

審査請求の手順

1)審査請求は、所定の書面を提出することが必要です(郵送も可)。

2)書面には、次に掲げる事項を記載してください。

  1. 異議申立て人の氏名又は名称、住所又は所在地及び押印
  2. 代理人の場合は、その氏名又は名称、住所又は所在地及び押印
  3. 異議申立てに係る処分内容
  4. 処分があったことを知った年月日
  5. 異議申立ての趣旨及び理由
  6. 処分庁である八女市長の教示の有無及びその内容
  7. 審査請求の年月日

3)代理人が行う場合は、委任状などの添付が必要になります

 

お問い合わせ先
税務課 固定資産税係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1112
ファックス:0943-24-3704

お問い合わせはこちら