燃えないごみの出し方が変わります

4月から、ガラス食器類・陶磁器類の分別収集を始めます

八女市では不燃ごみの削減を進めるために、4月から「ガラス・陶磁器類」の分別収集を開始します。ガラス食器類や陶磁器の食器類、素焼きの植木鉢などは『資源ごみ』として分別して頂き、お住まいの行政区で行われている分別収集もしくは市の拠点回収、八女西部リサイクルプラザ、八女市環境センターへの持ち込みをお願いします。

 

資源ごみの分別方法など詳しくは、「ごみ出し日程表」http://www.city.yame.fukuoka.jp/soshiki/10年2月3日/1/1455882271805.htmlをご覧ください。

仕分け方

分別の際に、お願いしたいこと

  • 割れていても構いませんが、必要以上に割らないでください。(ケガにはご注意ください。)
  • 鏡・板ガラス・厚みのある灰皿やビールジョッキなどは燃えないごみで処分してください。
  • 油びん・化粧品のびんは燃えないごみで処分してください。
  • 便器や洗面台、タイル、瓦、レンガは対象外です。

分別の効果

平成28年9月から八女市地区に於いて順次試行を開始し、「ガラス・陶磁器類」の分別にご協力をいただいています。
 

『ガラス・陶磁器類』を資源化(分別)すると、

平成27年度に、各行政内の置き場に出された不燃ごみの内容を調査した結果、『ガラス・陶磁器類』の占める割合は70%程度。これらを資源化することにより、不燃ごみの排出量が大幅に削減されます。

平成29年度は、27年度比で約45%の削減をめざします。

分別したごみは、

『ガラス類』は、路盤材(ガラス発砲軽量資材)の原料として再利用されます。

『陶磁器類』は、細かく破砕して砂の代替品として再利用されます。

『レンガ色の植木鉢』は、破砕してガーデニングの材料としても利用されます。

グラフ

処理量

八女西部リサイクルプラザ、八女市環境センターへの直接持ち込みについて

 

  • 事前に仕分けをして頂き、持ち込みをお願いします。
  • 持ち込む際には、搬入証明書は必要ありません。

 

なお、資源ごみを分別せずに『不燃ごみ』として、クリーンセンターもしくは環境センターへ持ち込まれる場合は有料※での処分となります。

搬入証明書の発行は出来ませんのでご理解とご協力をお願いします。

不燃ごみ有料処分の料金 10キロ/200円

 

お問い合わせ先
環境課 生活環境係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1462
ファックス:0943-22-2186

お問い合わせはこちら