一部学校選択制度平成30年度実施要項

学校選択制度の概要

一部学校選択制について

八女市立の小中学校、義務教育学校(以下「八女市立学校」。)へ入学(就学)する場合は、住所により入学(就学)する学校が決められています。それを指定校といいます。学校選択制度は、この指定校以外に、保護者及び児童が八女市立学校の特色を理解したうえで、希望により入学(就学)する学校を選べる制度です。
この制度によって入学(就学)した学校へは、原則として卒業まで通学することになりますので、十分にご検討ください。

対象となる児童生徒

基準日(毎年10月1日)現在で、八女市内に住所がある、小中学校、義務教育学校(以下「八女市立学校」。)の平成30年度入学予定者及び義務教育学校後期課程進級者(受付期間中に転入した者を含む)。

選択できる学校の範囲

八女市立学校の全校から1校選択可能。

学校選択の方法

1.学校選択希望申請書の提出期間は、平成29年11月1日(水曜日)~平成29年11月15日(水曜日)です。
2.指定の通学区域以外の学校を選択する場合、学校選択希望申請書を提出してください。
3.申請書の提出は、八女市役所3階の八女市教育委員会学校教育課において 平日の午前8時30分から午後5時15分(水曜日は午後7時)までの間受け付けます(手続きに慎重を期すため、郵送での手続きはできません)。
4.申請を受け付けた際に、受付票をお渡しします。
5.通学区域制度及び指定校変更制度は継続します。
6.希望申請期間中に市外から転入した人も申請ができます。
 

各学校受け入れ可能人数

希望者全員が希望校に入学(就学)できることが望ましいのですが、学校により収容力等の条件に違いがあります。そのため、学校ごとに受け入れ可能人数枠を設定しています。

抽選

受け入れ可能人数を超えた申請があり、希望者全員が入学(就学)できない場合は、公開抽選により入学(就学)者を決定します。
(1)抽選の対象者
対象者は、通学区域外からの希望者とします。ただし、在学中の兄姉がいる場合は無抽選とします。双子、兄弟姉妹の申請は、1組として扱います。
(2)抽選にもれた児童の取扱い
当選しなかった方には補欠順位を付け、辞退者がでた場合、上位者から順次繰り上げ当選とします。
 

希望申請書提出期間終了後の市外からの転入者

希望申請書提出期間終了後、入学までに、市外から転入する人は、希望申請書提出期間後であっても希望申請をすることができます。ただし、選択できる学校は、受け入れ可能人数に達していない学校となります。

その他

申請の際には、通学の方法経路は、各学校の規則・指示に従い、通学途上の安全確保は、保護者の責任であることをご理解のうえ、通学方法や通学時間、地域活動への参加等を十分考慮して学校を選択してください。

お問い合わせ先
学校教育課 学務係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1954
ファックス:0943-24-4331

お問い合わせはこちら