八女はおいしい(レシピ)おひなまつりの箱寿司

八女はおいしい〜ふるさとの恵み〜

レシピを紹介します

材料(牛乳パックを5センチメートルに切った大きさ4個分)

(写真)おひなまつりの箱寿司

すし用ご飯

米:2カップ/だし昆布:5�角1枚/酒:大さじ2
(合わせ酢)
米酢:大さじ3/きび糖:大さじ2/塩:小さじ1/生姜(みじん切り):小さじ1

具材

  • 鶏そぼろ
    鶏ひき肉:100グラム/きび糖:小さじ2/濃口醤油:大さじ1
  • 鮭そぼろ
    生鮭(切り身):80グラム/酒:少々/生姜汁:少々
  • 錦糸卵
    鶏卵:2個/きび糖:小さじ1/塩:少々/油:少々
  • きゅうり(薄く輪切り:5枚×4個分)
  • えび(茹でて皮をむく)適量

作り方

すし飯

  1. 米はややかための水加減(米と同量)にして昆布、酒を加え、普通に炊く。
  2. 合わせ酢をつくり、ご飯が炊けたら合わせ酢を回しかけ、切るように混ぜる。白ゴマも加えて混ぜ、4個分に分ける。

具材

  • 鶏そぼろ
  1. 鍋を熱し、ひき肉に火を通す。
  2. きび糖としょうゆで調味する。
  • 鮭そぼろ
  1. 鮭はフライパンで焼き、皮と骨を取り除いて粗くほぐし、酒と生姜汁を混ぜる。
  • 錦糸卵
  1. 卵を溶き、きび糖、塩を加えてうす焼き卵を作り、千切りにする。

盛り付け方

  1. 牛乳パックを5センチメートル長さの筒状切ったものを準備しておく。
  2. 牛乳パックの内側に酢水を塗っておく。
  3. 25センチメートルくらいのラップの上に牛乳パックをひし形に置き、一番下から酢めし→鶏そぼろ→酢めし→鮭そぼろ→酢めし→錦糸卵のように少し抑えつけながら重ねていく。
  4. きゅうりを花びらのように重ねて、えびをトッピングする。

1人分あたりの栄養価

エネルギー/463キロカロリー
たんぱく質/23.4グラム
脂質/5.2グラム
炭水化物/74.4グラム
カリウム/466ミリグラム
カルシウム/61ミリグラム
マグネシウム/52ミリグラム
鉄/1.9ミリグラム
食物繊維/0.7グラム
食塩相当量/2.1グラム

このページに関する
お問い合わせ
健康推進課 保健指導係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1352
ファックス:0943-23-1331

お問い合わせはこちら