さばのにんにく焼きたっぷり薬味かけ

八女はおいしい〜ふるさとの恵み〜

レモンや香味野菜をたっぷり使うことで薄味にできます。

材料(2人分)

(写真)サバのニンニク焼きたっぷり薬味かけ

さば(三枚におろしたもの、60グラム)2切れ 
塩 少々
こしょう 少々
青じそ 5枚
みょうが 1〜2個
にんにく 2かけ
しょうが 1かけ
トマト 60グラム
オリーブオイル 小さじ1
サニーレタス 適量

たれ

  • 濃口醤油 小さじ2
  • レモン汁 大さじ1/2
  • きび糖 小さじ1/2
  • 一味唐辛子 適量
  • すりごま(白) 小さじ1
  • にんにく(すりおろす)小さじ1/4

作り方

  1. バットに魚を並べ入れ、表面に軽く、塩とこしょうを振って下味をつける。水分が出たらふき取る。
  2. 青じそとみょうがはせん切りにして水にさらし、水気を切る。にんにくは1かけをせん切り、1かけを薄切りにする。しょうがは皮をむいてせん切り、トマトは5ミリメートル角切りにし、軽く水気を切る。にんにくの薄切り以外は冷蔵庫で冷やしておく。
  3. たれの材料を混ぜ合わせる。
  4. フライパンにオリーブオイル少々をひいて、にんにくの薄切りを炒め、色づいたら取り出す。やや強火にして1の魚を焼く。こんがりと色づいたら裏返し、弱火にして中まで火を通す。
  5. 3の合わせたれに青じそ、みょうが、せん切りにんにく、しょうがを合わせ、最後にトマトを加えざっくり混ぜる。
  6. 器にサニーレタスと4の魚を盛り、5をかけて4のにんにくを散らす。

1人分あたりの栄養価

エネルギー/173キロカロリー
たんぱく質/13.9グラム
脂質/9.8グラム
炭水化物/6.6グラム
カリウム/411ミリグラム
カルシウム/33ミリグラム
マグネシウム/38ミリグラム

にんにくはいつ日本に伝わってきたの?

にんにくは、紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されており、日本には、中国を経て8世紀頃には伝わっていたといわれる。

このページに関する
お問い合わせ
健康推進課 保健指導係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1352
ファックス:0943-23-1331

お問い合わせはこちら