八女福島の燈籠人形

(写真)燈籠人形1

八女市本町の福島八幡宮境内で、放生会の奉納行事として秋分の日頃の3日間に公演されます。

山鹿の大宮神社から奉納燈籠をもらい受け、江戸時代半ばに福島町民が独自の工夫をして人形の燈籠を奉納したのが始まりだといわれています。そのころ大阪方面で流行っていた人形浄瑠璃の技術を取り入れて現在の形になりました。3層2階建の釘や鎹を1本も使用しない屋台が、期間中だけ組み立てられ、囃子にあわせてからくり人形芝居が上演されます。

(写真)燈籠2

見どころは人形の橋渡し・衣裳の早変わりなど。

令和元年度八女福島の燈籠人形 本公演

公演日

令和元年9月21日(土曜日)・22日(日曜日)・23日(月曜日・祝日)

台風の影響により変更の可能性があります。

公演時間

第1回 午後1時30分

第2回 午後3時

第3回 午後4時30分

第4回 午後7時

第5回 午後8時30分

芸題

薩摩隼人国若丸厳島神社詣(さつまはやとくにわかまるいつくしまじんじゃもうで)

 

あらすじ
江戸時代のはじめ、慶長の頃、薩摩守の若君・島津国若丸は、戦(いくさ)での勝利とお家の安全を祈願するため、家老の新納武蔵守を従えて、安芸の宮島に鎮まる厳島神社に詣でました。

社前には桜が舞い散り、朱色の大鳥居の影も瀬戸の水面に映え、ひと際のどかな眺めです。しばし若君とお供が、その情景にひたっていた時、はるか前方より五色の水柱が立ちのぼり、あわてふためく両人をさらに祝福するかのように、後方の社殿あたりから雅楽の調べとともに、見目麗しき弁財天の舞い姿も立ち現われました。

厳島の神は戦での勝利を、弁財天は島津家の安泰を約束するかのように、ともにご神霊を顕したのです。厳島のご加護に深く感謝しつつ薩摩への帰途につきました。

 

会場

福島八幡宮境内

八女市本町105-1

主催

八女福島の燈籠人形保存会

燈籠人形公演ポスター

このページに関する
お問い合わせ
文化振興課 文化係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1982
ファックス:0943-22-4331

お問い合わせはこちら