大杣公園祭(おおそまこうえんさい)

八女市矢部村御側(おそば)には、南朝最後の親王「良成親王(りょうせいしんのう)」の御陵墓があります。宮内庁が陵墓を明治11年(1878年)に良成親王の墓と認定ました。毎年、良成親王命日である10月8日に「大杣公園祭」を開催し、良成親王を偲び先人に感謝する行事としています。親王の御霊を慰めるために、御陵墓の前で、公卿唄や浦安の舞、剣道相撲が奉納されます。

大杣公園

大杣公園祭の様子

大杣公園祭の様子

開催日 10月8日(毎年)
場 所 八女市矢部村北矢部字御側「大杣公園」
※雨天の場合は矢部公民館に会場変更
10:00 式典開始
12:00 式典終了 直会
13:00 奉納剣道相撲大会

解 説
良成親王は、後村上天皇第六皇子で、後醍醐天皇の孫にあたり叔父の征西将軍懐良親王と共に南朝の再興のために九州各地で戦いました。1392年、南朝は北朝に統一しますが、その後も南朝精神を貫き、35、36歳で矢部の地でなくなりました。それから約600年間、五條氏と村人は密かに親王の御霊を慰め守ってきたのです。
○公卿唄(市指定無形民俗文化財) 良成親王が矢部の里に籠られた折、京都からお供してきた公卿たちが唄って慰めたといいます。この里の「祝い唄」として、今も唄い継がれています。
○浦安の舞 昭和15年に皇紀2600年を記念して作られた神楽舞、心中の平穏を願い巫女たちによって奉納されます。

連絡先 矢部支所総務課 電話0943-47-3111

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

このページに関する
お問い合わせ
矢部支所 総務課 総務係
〒834-1492 福岡県八女市矢部村北矢部10528番地
電話番号:0943-47-3111
ファックス:0943-47-2855

お問い合わせはこちら