鷹取城跡

耳納連山、鷹取山(標高802メートル)に星野氏が築いた山城です。

星野10代領主鎮種が築き18代鎮胤が改修して移ったと調(しらべ)氏〔星野〕系図は述べています(城郭は東西42間、南北10間)。

城跡の東方に防禦の空堀あとと思われる遺構があります。本星野館(星野側)。延寿寺福丸城(うきは側)の詰の城として重要な役目を果たし、全国で一番高所の山城であります。

東南面は緩やかな山なみが星野村に、北西面は急峻な斜面で筑後川流域を一望のうちに見られる眺望絶美なところです。

(写真)鷹取城跡