個人情報保護制度

個人情報保護制度とは

個人情報保護制度とは、市が収集・利用している市民の個人情報について、個人の尊厳を尊重する立場から、適正に取り扱うことを市に義務づけることにより、個人のプライバシーの権利を保障し、市民と市との信頼関係を確保することを目的につくられた制度です。

情報公開・個人情報保護審議会

個人情報保護制度の適切な運用のため、平成28年度は3回の審議会を開催しました。

  • 前年度の個人情報保護制度の運用状況について
  • 各課が保有する個人情報の目的外利用の可否について(1件)・・・承認
  • 農地情報公開システムの整備に際し市の電子計算組織と外部の電子計算組織とを通信回線で結合することについて・・・承認

「目的外利用」とは、実施機関内部で登録された業務の目的の範囲を超えて個人情報を利用することです。法令に基づくもののほか、審議会の意見を聴いて公益上の必要性があると認められた場合に行うことができます。

業務の登録状況

新規の事業などを行うに当たり、新たに個人情報保護制度の対象となる業務の登録を行いました。

  1. 業務の新規登録件数・・・0件
  2. 目的外利用・・・3件
  3. 外部提供・・・4件

自己情報開示請求などの状況

自己の個人情報に対する開示請求は11件ありました。その他、訂正の請求等はありませんでした。

「個人情報」とはどんな情報ですか?

住所、氏名、年齢、職業、収入、資格、病歴、趣味といった個人に関する情報でだれの情報かを特定できるものすべてをいいます。

制度を実施する機関は?

市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、公営企業管理者、議会です。

どんな請求ができますか?

開示の請求

 市が保有している自分の個人情報を知ることができます。

訂正の請求

 市が保有している自分の個人情報で、事実に誤りがあるときに訂正を求めることができます。

削除の請求・目的外利用等中止の請求

 市が定めている収集のルールを守らずに個人情報を収集・利用・提供したとき、その情報の削除・中止を求めることができます。

請求の窓口はどこですか?

各課の窓口で請求書に氏名、住所、請求する情報の内容を記入してください。その際、本人確認のために運転免許証やパスポートなどを提示していただきます。

だれがこの制度を利用できるのですか?

市民だけでなく、市に個人情報を記録されているすべての人が利用できます。

開示には費用がかかりますか?

閲覧や資料をもとに説明を聞くのは無料です。コピーはA3サイズまでは1枚10円(両面コピーは20円)、その他については実費に相当する額が必要です。

個人情報の開示請求に対する決定に不服があるときは?

決定を知った日から3か月以内に実施機関に対して、行政不服審査法に基づく審査請求ができます。この場合、学識経験者などによる「情報公開・個人情報保護審査会」に公正な意見を求め、審査請求に対する判断がなされます。

お問い合わせ先
総務課 総務法制係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1111
ファックス:0943-22-2186

お問い合わせはこちら