地震が発生したら

突然地震が発生したら場合、まずは落ち着いて行動を!

地震発生

最初の大きな揺れは約1分間

・ まず身を守る

・ すばやく火の始末を

・ ドアや窓を開け、脱出口の確認

いちからに分

揺れが収まったら

・ 火元を確認し、火が出たら初期消火

・ 家族の安全を確認

・ ガラスなどでけがをしないよう靴をはく

さんぷん

みんなの無事を確認し、火災の発生を防ぐ

・ 近所で火災が発生したら大声で知らせ初期消火

・ 隣近所で安否確認し、助け合う

・ 余震に注意を

ごふん

ラジオなどで正しい情報を確認

・ 避難時はガスの元栓をしめる・ブレーカーを切る

・ けが人の救出救護

・ 防災機関などの情報を確認

 

じゅっぷん

協力して消火、救救護活動を

・ デマにまどわされない

・ 災害、被害情報をこまめに収集

・ 助け合いの心が大切

地震の心得10カ条

1 グラッときたら火の始末

地震を感じたら火を消す。もし消せない場合は、揺れがおさまったら、おちついてすばやくガスコンロやストーブなどの火を止める。

 

2 わが身の安全を図れ

倒れやすい戸棚や本棚からすぐ離れる。丈夫なテーブルや机の下などに隠れ、身の安全を守る。隠れる余裕がなければ、座布団などで頭を保護する。

 

3 非常脱出口を確保する

建物がゆがみ、戸が開かなくなることがある。玄関なのどの戸や窓を開け、逃げ道を確保する。

 

4 火が出たらまず消火

「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも知らせる。消火器を備えておく。

 

5 外へ逃げるときはあわてずに

外へ逃げるときは、瓦やガラスなどの落下物に注意し、落ち着いた行動を。

 

6 狭い路地、塀ぎわ、がけや川べりに近付かない

ブロック塀や門柱、自動販売機などからもできるだけ離れる。

 

7 山崩れ、がけ崩れ、津波に注意する

崖のそばなどは、早め早めに安全な場所に避難する。沿岸部や津波が発生する地域にいた場合は、高台や緊急避難できる「津波避難ビル」へ避難する。

 

8 避難は徒歩で、持ち物は最小限にする

荷物を欲張りすぎると避難行動に支障が出る。車やオートバイでの避難はなるべく控える。

 

9 みんなが協力し合って応急救護

特に要配慮者は手厚い配慮を

 

10 正しい情報をつかみ、むやみに恐れるない

デマやうわさに惑わされず、市役所や警察・消防署、ラジオのニュースなどから正しい情報を。