ごみの出し方について(黒木町地域、上陽町地域、矢部村地域、星野村地域)

ごみの出し方ダウンロードは下記リンクから【東部地区(黒木町、上陽町、矢部村及び星野村地区】

資源ごみの出し方

資源ごみ・燃えないごみの出し方(東部地区)(PDF:1.9MB)

不燃性資源ごみ(燃えない性質のリサイクルできるごみ)

(1)あき缶

(イラスト)空き缶

ビール缶、ジュース缶、缶詰の缶、ミルク缶、菓子缶、お茶缶(食卓用)・海苔缶など。ペットフードの缶も可。

購入時に飲食物が入っていたアルミ缶とスチール缶。食用油の缶は(6)の小金属類に出してください。

  • 中身を空にし、水洗いをして出してください。(特に菓子缶やのり缶は、中に仕切り紙が入っていますので注意してください)
  • 一斗缶は、つぶして(6)の小金属類に出してください。
  • 軽くつぶして出すこともできます。

(2)あきびん

(イラスト)空き瓶

ジュースびん、調味料びん、コーヒーびん、佃煮のびん、栄養剤びん、洋酒びん、ワインびん、酢びんなど

購入時に飲食物が入っていたびんです。油びん、コップ、哺乳びん、陶器類、化粧品びん、割れたびんは(18)の燃えないごみに出してください。一升びん、ビールびんは、販売店か子ども会等の資源回収に出してください。

(イラスト)空き瓶の出し方
  • 栓・王冠・キャップ(ラムネびんは玉を取り除き)をはずし、中身を空にし、水洗いをして出してください。

(3)乾電池

(イラスト)乾電池

乾電池類。充電式乾電池、ボタン電池、携帯電話用電池パック、電動自転車の電池パックなど

携帯電話用電池パックは、できるだけ販売店の引取りサービスを利用してください。普通自動車、バイクのバッテリーは、(19)の粗大ごみになります。

  • 液漏れした場合は、取り扱いに十分気をつけて出してください。
  • 未使用電池などは、パッケージを取り除いて出してください。

(4)蛍光管

(イラスト)蛍光管

直管、サークル(円型)管、コンパクト型(電球型・小型スタンド用)

※割れた蛍光管も対象となります。

電球(白熱球)は(18)の燃えないごみに出してください。

  • 包装箱や紙を取り除いて出してください。
  • 割れやすいので十分気をつけて出してください。

(5)使用済みスプレー缶

例)ヘアスプレー、殺虫剤、塗料、カセットコンロのガスボンベなど

注)スプレー缶は必ず完全に使いきって、室外で穴をあけて出してください。

(写真)使用済スプレー缶

  • 穴の開いていない缶、中身の残った缶は回収いたしません。

(6)小金属類(金属キャップを含む)

例)鍋、ヤカン、フライパン、金属を主とする製品を小金属類として分別してください。

(写真)小金属

  • ひどく錆びた物、ひどく油で汚れた物は(18)の燃えないごみに出してください。

(7)使用済み小型廃家電

例)電気、電池で動く製品で「回収コンテナ」に収まる大きさ(60×40×30センチメートル)までの品物が対象です。

但し、家電リサイクル法対象製品は除く。(テレビ・洗濯機・エアコン・冷蔵庫等)

(写真)小型廃家電

  • アダプタ類、電気コード、接続ケーブル等も対象です。
  • 分解はしないでください。置き場の指示に従ってください。
  • 石油ファンヒーター、電気カーペット、電気毛布は対象外となります。(19)の粗大ごみとして処分してください。

(8)ガラス食品など ○4月から新しく加わりました。

例)ガラス食品(コップ、皿、器など)が対象です。

割れていても構いませんが、出す際には必要以上に割らないでください。

※割れた物を扱う場合には、ケガにご注意ください。

ガラス類

  • 鏡、板ガラス、灰皿やビールジョッキなど厚みのある物、油びん、化粧品のびんは(18)不燃ごみで処分してください。

(9)陶磁器類(焼き物の食器や花瓶)など  ○4月から新しく加わりました。

例)陶磁器の湯呑み、皿、茶碗、焼き物の花瓶や壺なども対象です。

割れていても構いませんが、出す際には必要以上に割らないでください。

※割れた物を扱う場合には、ケガにご注意ください。

陶磁器類

  • 洗面台や便器などは受け入れられません。
  • タイル・瓦・レンガなどは八女西部クリーンセンターで有料処分となります。(料金は10キロあたり200円)

(10)素焼きの植木鉢(レンガ色に限る)  ○4月から新しく加わりました。

例)レンガ色の素焼きの植木鉢が対象です。

割れていても構いませんが、出す際には必要以上に割らないでください。

※割れた物を扱う場合には、ケガにご注意ください。

植木鉢

  • 素焼きでレンガ色以外の植木鉢(白、黒色、こげ茶色)は対象外です。
  • 白色、黒色、こげ茶色の植木鉢は『陶磁器類』となります。

 

可燃性資源ごみ(燃える性質のリサイクルできるごみ)

(11)ペットボトル

(イラスト)ペットボトル
  • 飲料(炭酸飲料、果汁飲料、ウーロン茶、スポーツドリンク等)の容器
  • 酒類(日本酒、焼酎、本みりん等)の容器、しょうゆの容器など

調味料用(ドレッシング等)・食用油用・非食品用等の容器は、(17)の燃えるごみに出してください。

(イラスト)ペットボトル
  • 栓・キャップをはずし、中身を空にし、水洗いをして出してください。
  • 軽くつぶして出すこともできます。

飲料用ペットボトルのキャップは(12)のペットボトルキャップに出してください。

(12)ぺットボトルキャップ

  • 飲料(炭酸飲料、果汁飲料、ウーロン茶、スポーツドリンク等)のキャップ

酒類(日本酒、焼酎、本みりん等)の容器、しょうゆの容器、調味料などのキャップは対象外です。

(写真)ペットボトルキャップ
  • 水洗いをして出してください。

(13)白色トレイ

食料品用トレイのうち、両面とも白色のもの

次のものは(17)の燃えるごみに出してください(納豆・シメジが入っていたトレイ、汚れているトレイ、たまご・とうふ・インスタントカップ・お弁当などのトレイ、塩ビ製・プラスチック製のトレイ)。

  • ラップ・シール等をはずし、水洗いをして出してください。
  • 汚れているトレイはリサイクルできませんので取り除いて(17)の燃えるごみに出してください。

(14)有色トレイ

食料品用トレイのうち、色柄の付いているもの

次のものは(17)の燃えるごみに出してください(納豆・シメジが入っていたトレイ、汚れているトレイ、たまご・とうふ・インスタントカップ・お弁当などのトレイ、塩ビ製・プラスチック製のトレイ)。

(写真)食品用トレイ

  • ラップ・シール等をはずし、水洗いをして出してください。
  • 汚れているトレイはリサイクルできませんので取り除いて(17)の燃えるごみに出してください。

(15)紙パック

500ミリリットル以上の牛乳・ジュースの紙パックなど

内側にアルミ加工された酒パックは、(17)の燃えるごみに出してください。
500ミリリットル未満の紙パックは、(16)の紙類にだしてください。

  • 水洗いして十分に乾かした後、はさみ等で切り開き、ひもで十文字にくくって出してください。

(イラスト)水洗い

(イラスト)洗ってから

(16)その他の資源ごみ 古布、紙類 (新聞、紙、ダンボール)

新聞紙(広告チラシ含む)、雑誌、ダンボール、古布、ビールびん、一升びん 等

小中学校の廃品回収へ出してください。

(イラスト)新聞紙

(イラスト)ダンボール

(イラスト)雑誌類

(イラスト)空き瓶の出し方
  • 新聞紙、雑誌、ダンボール、古布はひもで十文字にくくって出してください。
  • 一升びんやビールびんは水洗いをし、よく乾かしてから出してください。

可燃ごみ

(17)燃えるごみ

(イラスト)燃えるごみ

生ごみ、草花、発泡スチロール、プラスチック製品、ビニール袋、シャンプー等の容器、靴、ビデオ・カセットテープ・スリッパ、プラスチック製ライター など

中のごみ全体が判別できるように、内側に黒ビニール袋は使わないでください。
指定袋以外の袋に入ったごみや、袋に入れず袋を貼り付けて出されたごみは収集できません。

(イラスト)ごみ
  • 必ず市の指定袋に入れて出してください。
  • 生ごみは十分に水切りをして出してください。
  • ライターはガスを完全に使いきって出してください。

不燃ごみ

(18)燃えないごみ

割れた窓ガラス、化粧品のビン、油びん、傘、電球、その他、不燃性資源ごみ(1)~(7)までのうち、資源として利用できない物。

不燃ごみ
  • 棒状の物は1メートル程度に短くしてください。
  • コンテナに入らない大きなもの物は粗大ごみとして処分してください。
  • 燃えるごみ、資源ごみが混入しないように分別の徹底をお願いします。

 

※農業(ビニールハウスなど施設園芸)で使用した電球、マイカ線等は産業廃棄物に該当しますので、不燃物置き場には出せません。

粗大ごみ

(19)粗大ごみ

(イラスト)粗大ごみ

エレクトーン、ガステーブル(2口以上)、カーペット、こたつ、自転車、瞬間湯沸器、ストーブ、スピーカー、小型バッテリー(自動車・バイク用)、タンスや食器棚などの家具、ファンヒーター、ベッド、布団、マット、など

そのほか、市指定の燃えるごみ袋に入らない大きさのものは、粗大ごみになります。自動車部品(オーディオ等小物品除く)・自動車タイヤなどの専門業者引取り物は収集できません。

収集依頼

収集日5日前までに各支所の市民生活福祉課へ電話で収集申込みを行い、指定のシールを貼って、収集日の当日朝8時までに玄関先に出してください。

直接搬入

八女西部クリーンセンター(8時30分〜16時45分、第4日曜8時30分〜12時、13時〜16時45分 12時〜13時は昼休み)もしくは、八女市環境センター(8時30分〜16時45分)へ、自分で持ち込むこともできます。
八女西部クリーンセンターへの燃えないごみ(無料受入れ)は証明書が必要です。

※八女市環境センターへの持ち込みについては、搬入証明書は必要ありません。

また、搬入でるき制限もありますので、事前に黒木支所市民生活福祉課(電話42-1463)、上陽支所市民生活福祉課(電話54-2218)、矢部支所市民生活福祉課(電話47-3111)、星野支所市民生活福祉課(電話52-3113)、八女市環境センター(電話42-2348)へお尋ねください。

その他

(20)食用油

(イラスト)食用油

家庭で使用した後の食用油や賞味期限が切れた食用油

  • 十分こして、各支所の市民生活福祉課の窓口へ持ち込んでください。

クリーンセンターで処理できないもの。(専門業者か購入したところへ引き取りを依頼するもの)

家電リサイクル法対象製品
≪テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、衣類乾燥機≫
自動車等タイヤ、バイク(50cc超)、自動車部品(オーディオ等小物品除く)、ピアノ、ガスボンベ、廃油、農薬、塗料、消火器、農機具、農業用ビニール、建設及び解体による建築廃材(廃材木、外壁材、断熱材など)・産業廃棄物・医療廃棄物等

(イラスト)その他

(写真)中身の入ったビン

家庭から出た『ブロック』、『瓦』、『繊維入りプラ波板』の処分

家庭から出た『ブロック』、『瓦』、『繊維入りプラ波板』の処分は有料となります。

詳しくは、環境課(電話23−1462)までご連絡ください。

※処理手数料は10キロあたり200円となります。

(イラスト)ブロック、瓦等

お問い合わせ先
環境課 生活環境係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-1462
ファックス:0943-22-2186

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。