食費・居住費(滞在費)に関する負担限度額申請

低所得の人には負担限度額が設けられます

低所得の人の施設利用が困難とならないように、申請により一定額以上は保険給付されます。
低所得の人は所得に応じた負担限度額までを自己負担し、残りの基準費用額との差額分は介護保険から給付されます(特定入所者介護サービス費)。

対象となる施設は、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3施設(短期入所を含む)です。

利用者負担は施設と利用者の間で契約により決まりますが、施設における居住費・食費の平均的な費用を勘案して水準となる額(基準費用額)が定められています。

対象となる方

負担限度額の認定を受けるためには、次の要件を全て満たす必要があります。

  • 市民税非課税世帯
  • 配偶者が市民税非課税(別世帯である場合も含む)
  • 預貯金等が単身の場合は1000万円以下、配偶者(夫または妻)がいる場合は2000万円以下
負担限度額(1日当たり)
利用者負担段階 居住費(滞在費)
ユニット型 個室
居住費(滞在費)
ユニット型 準個室
居住費(滞在費)
従来型 個室
居住費(滞在費)
多床室
食費
世帯全員が住民税非課税 年金収入額(非課税年金も含む)と合計所得金額の合計額が80万円を超える方 1,310円 1,310円 1,310円 (820円) 370円 650円
世帯全員が住民税非課税 年金収入額(非課税年金も含む)と合計所得金額の合計額が80万円以下の方 820円 490円 490円 (420円) 370円 390円
世帯全員が住民税非課税
  • 老齢福祉年金受給者
  • 生活保護受給者
820円 490円 490円 (320円) 0円 300円
基準費用額(軽減がない場合)   1,970円 1,640円 1,640円 (1,150円) 370円 (840円) 1,380円

カッコ内は、特別養護老人ホームと短期入所生活介護を利用した場合の負担限度額です。 ※軽減がない場合の利用者負担は、利用者と施設の間の契約により決まるため、上表の金額と異なる場合があります。

申請に必要なもの

負担限度額認定申請書および同意書(PDF:104.7KB)

負担限度額認定申請書および同意書(EXCEL:27.4KB)

  • 印鑑
  • 本人および配偶者(夫または妻)がお持ちの全ての預貯金通帳、有価証券等

関連リンク

福岡県サービス情報公表センター

お問い合わせ先
介護長寿課 介護サービス係
〒834-8585 福岡県八女市本町647番地
電話番号:0943-23-2545
ファックス:0943-30-1505

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。